住宅ローン ペアローン・一人でローン 徹底比較!

移住

家は男が買うものという意識は根深いですが、今は、夫婦でペアローンも一つの選択肢になっています。

この記事では、ペアローンって何?という方から、メリット・デメリットを比較したいという方まで、検討に役立つように情報をまとめています。

ペアローンって何?住宅ローンと何が違うの?

妻

夫と一緒に住む家を探していたら、

「ペアローンにする?」って聞かれました。

なんか怖い響きがあるんだけど・・・

夫

不動産屋にペアローンは考えられてますか?と聞かれたけど、

ペアローンって何?

色々なパターンで、「ペアローン」という言葉を聞くことがあるかと思います。

「ペアローン」というのは、住宅購入の際に契約する住宅ローンを、夫婦などで、分け合って契約するローンとなります。

つまり、4000万円の物件を購入し、住宅ローンを契約する場合、夫に2000万、妻に2000万というように、金額を分け合うローンのことです。

合計
物件価格2000万2000万4000万
所有権
団体信用保険
住宅ローン控除

物件価格は、半分ずつ住宅ローンを組むことにします。

どちらも住宅ローンを支払うので、物件に対する所有権を持っています。

通常の住宅ローンと同じように、団体信用保険や住宅ローン控除を受けられます。

住宅ローンの基本や団体信用保険については、以下の記事を見てください。

夫婦で住む物件を二人で購入して、二人で住宅ローンを返済していくというイメージを持っていただければ、大丈夫です。

ペアローン メリット・デメリット比較

一見、夫婦でペアローンってとてもお得に見えますが、やはり、メリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットを両方知ってから、ペアローンにするかどうか判断してくださいね。

ペアローンのメリット

ペアローンのメリットを並べてみました。

  1. 住宅ローンの借入額を増やすことができる
  2. 二人とも住宅ローン控除を受けることができる

1.住宅ローンの借入額を増やすことができる

夫

この家に二人で住めたら幸せだろうなぁ・・・

でも、俺、住宅ローンの審査通るかな・・・

夫だけが住宅ローンを契約する場合、本人の収入などの条件で、借りられる限度額というのがあります。

例えば、4000万円が限度額だとすると、5000万円の住宅ローンは契約できません。

ここで、ペアローンにすると、物件の半分の金額を借りるだけでよいため、夫の契約する金額は2500万円でよいということになります(5000万円の半分)

夫2500万円、妻2500万円で、合計5000万円の物件購入が可能です。

2.二人とも住宅ローン控除を受けることができる

不動産屋
不動産屋

節税を考えるのであれば、

住宅ローン控除を二人とも受けることができますよ

夫が、4000万円の物件を購入した場合、住宅ローン控除は夫のみが受けることができます。

ペアローンの場合、住宅ローンの契約を夫婦二人ともが行うため、二人とも住宅ローン控除を受けることができ、ダブルで節税効果を得ることができます。

ペアローンのデメリット

ペアローンのデメリットを並べてみました。

  1. 住宅ローンを契約する際の諸経費が二倍
  2. 団体信用保険の範囲が一人分ずつ
  3. 思わぬアクシデントが発生する可能性あり

1.住宅ローンを契約する際の諸経費が二倍

夫婦それぞれで住宅ローンを契約することになりますから、契約に関する諸経費が二倍になります。

そのため、一人でローンを契約するときよりも事務手数料などが余計にかかると思っていてください。

事務手数料が安い、ネット銀行を利用するのがおすすめです

2.団体信用保険の範囲が一人分ずつ

夫婦それぞれで住宅ローンの契約をしますので、団体信用保険もそれぞれになります。

基本的な団体信用保険ですと、死亡すると住宅ローンがゼロになります。

もし、夫が死亡した場合、夫だけが住宅ローンを契約していれば、住宅ローンはゼロとなります。

妻に家が残るという意味で、生活の支えとなります。

ペアローンの場合、夫が亡くなった場合、夫の分の住宅ローンだけがゼロとなるため、妻の住宅ローンの返済はなくなりません。

夫の死後も、妻の持ち分だけ住宅ローン返済が続くことになります。

妻

夫が亡くなってからも、住宅ローンの返済が続くのは、困るわねぇ

3.思わぬアクシデントが発生する可能性あり

例えば、住宅ローン控除目当てでペアローンにした場合、何らかの理由で、退職した(出産で職場に戻れなくなったなど)など、

所得税を支払わない状況になると、住宅ローン控除を受けられなくなります。

これは、住宅ローン控除が所得税に対する税控除だからです。

ちょっとややこしいので、住宅ローン控除の計算については、以下の記事を見てくださいね。

予想外の出来事で住宅ローン控除を受けられなくなったら、ペアローンのメリット自体が消えてしまいます。

ペアローンのメリット・デメリット 比較表

メリット・デメリットを表にしてみましょう。

メリットデメリット
物件価格一人よりもローン限度額が増えるので、
高い物件が購入できる
アクシデント発生時、
返済ができなくなる可能性あり
ローン控除二人とも住宅ローン控除を受けることができ、
節税効果が二倍
アクシデント発生時、
住宅ローン控除を受けられなくなる
可能性あり
団体信用保険二人とも契約可能片方が死亡した場合も、
住宅ローン返済が残る

いかがでしょうか。

デメリットは、アクシデントが起こったときに発生するので、ご自身の年齢や環境が大きく判断に影響します。

将来のことを想像して、選択するようにしてくださいね。

結論 ペアローンを選べる人はこんな人

メリットとデメリットの比較から、デメリットが発生する可能性をある程度減らせる人が、ペアローンを選んだほうが良いということになるかと思います。

つまり、

  • 現時点で夫婦ともに安定収入があること
  • 出産・育児となった場合も、職場に復帰できること
  • 年齢層が比較的若い、または健康に自信があること
  • 絶対離婚なんてしないと心に決めている人

このような条件を満たしていれば安心です。

最後の条件はおまけですが、ペアローンで離婚してしまうと、どっちが家に住んでとか権利でもめそうなので・・・

ペアローンであれ、普通の住宅ローンであれ、返済できる範囲の物件を購入するというのは、変わりませんので、夫婦でよく話し合って決めて下さいね。

それでは、良い物件に巡り合えますように!

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ