知らないとダメ! 住宅ローン控除の条件とは?

移住

家を買うときに、ニコニコ現金払いができる方には、本記事は役に立ちません。

住宅ローンを契約して、マイホームを手に入れるぞ!という方に向けた記事になります。

住宅ローン控除の基本を知ろう

住宅ローン控除って知ってますか?

住宅ローン控除は、税額控除の一種です。

税額控除というのは、支払う税金がダイレクトに減る仕組みですので、非常にお得です。

必ず、利用しましょう。確定申告が必要ですので、要注意!

住宅ローン控除が受けられる条件

住宅ローン控除は、住宅の取得や増改築をしたときに受けられる仕組みです。

受けられる条件内容
ローン額に関する条件住宅ローンは10年以上であること
銀行など金融機関から借りること
住宅に関する条件購入した住宅は居住用であること
購入した日から6か月以内に、床面積の半分を居住用とすること
床面積は50㎡以上であること
中古物件の場合は、築20年以内であること
(ただし耐火建築物の場合は25年)
控除を受ける人に対する
条件
購入した年の合計所得額が3000万円以下であること
控除される額の計算ローン額の年末残高の1%(上限4000万円)
10年目まで控除される
2020年末までは10年目以降、11年~13年目まで控除期間が延びている。
(11年目以降は、「建物購入額×2%÷3」と「ローン額の年末残高の1%」
の少ない方が控除額となる)
確定申告の要否確定申告必須
初年度だけ申告すれば、あとは年末調整で勝手に控除される。

例えば、6000万円の物件を購入して、1年目に400万円返済したとします。

そうすると、(6000-400)の1%ですので、56万円もお得!?

となるところですが、限度額というものがあります。

  • 住宅ローン控除は所得税から控除されるので、所得税以上は控除されない
  • 所得税以上になった場合、住民税からも控除される。(ただし、全部ではない)
  • 制度上の限度額が40万円

上記条件のうち、少ない方が控除額になります。

つまり、限度額が40万円なので、40万円お得かというと、所得税+住民税(の一部)が38万円だったとしたら、38万円の税額控除となります。

ちょっとややこしいですね。

所得税や住民税は人それぞれですので、簡単ですが目安となる早見表を作成してみました。

住宅ローン控除 早見表 10年分(目安)

★扶養家族無し(共働き、単身)の場合 (1万円以下切り捨て)

年収/物件価格3000万4000万5000万
400万204万204万204万
500万261万274万274万
600万266万334万340万
700万266万355万399万
800万266万355万399万

★扶養家族ありの場合 (1万円以下切り捨て)

年収/物件価格3000万4000万5000万
400万158万158万158万
500万236万236万236万
600万266万302万302万
700万266万351万374万
800万266万355万399万

絶対に確定申告しなきゃって思いましたよね?

確定申告しないと丸損です!

確定申告に必要な書類、申請方法はこれ

確定申告は、ホームページ及びスマートフォンからも手続きが可能です。

マイナンバーカードをお持ちでない方は、今のうちに作成してください。

マイナンバーカードがないと、私のように税務署にて手続きが必要になります。

確定申告の時期は非常に人が多いので、本当に大変でした。

住宅ローン控除に必要な書類は

源泉徴収票サラリーマンなら会社から配られるアレです。
住民票の写しもちろん、購入した家の住民票です。
住宅ローンの
「年末残高証明書」
住宅ローンを契約している金融機関から発行されます。
建物・土地の不動産売買契約書
・工事請負契約書
(コピー)
土地を買って、新築戸建てなどを建てた時には必要です。
(マンションなら不要)
登記事項証明書購入時に不動産会社からもらっているかもしれませんが、
ない場合は法務局で入手が必要です。
その他購入した家が、認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、
一定の耐震基準を満たす中古住宅などであった場合、書類が必要。
不動産会社から手に入ります。

気を付けないといけないのは登記事項証明書ぐらいです。

繰り返しますが、マイナンバーカードだけは今のうちに作っておきましょう。

住宅ローン控除の申し込み(確定申告)の時期は、毎年、2月16日から3月1日までです。

対象となるのは、1月1日から12月31日までとなりますので、1月10日に物件を購入した場合は、次の年です。お間違えの無いように。

ホームページは、

国税庁ホームページ

確定申告の時期になると、申請用のサイトが作成されますので、そこから申請してください。

最後に

住宅ローン控除だけは、申請するだけで数百万円のお得になるので、何が何でも申請してください。

申請しないのであれば、家買っちゃだめです。

ただし、住宅ローン控除があるんだから、ちょっとぐらい高い物件買ってもいいよねとか、思わないようにしてくださいね。

いくら金利が安いといっても、ローンはローンです。

住宅ローン全体の考え方は、以下の記事を見てくださいね。

それでは、良いマイホームを!

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ